巻き爪とドクターショール

巻き爪とドクターショールについて

巻き爪を矯正するグッズとして、ドクターショールというものが挙げられます。

 

ドクターショールは医療器具ではなくクリップのようなものを爪に装着することによって、痛みを和らげながら巻き爪の矯正を行ってくれるのです。

 

外科的な処置が全く必要なく、自宅で簡単に装着できるというところがドクターショールの大きな特徴で、医療系でも取り扱われていることがあるので、優れた巻き爪矯正法であるということがお分かり頂けるでしょう。

 

巻き爪の矯正には色々な方法があり、中には痛みを伴うものがあるかもしれませんが、このクリップを使用した方法は全く痛みが引き起こされないので気軽に試せるというわけです。

 

ドクターショールの取り付け方は非常に簡単で、クリップのフックを爪に差し込むだけとなっております。

 

これだけで、クリップの中央部分を支点として、爪の甲全体を持ち上げて巻き爪を改善できるのです。

 

爪の両端の尖った部分が皮膚に食い込んでいると痛みが引き起こされるのですが、クリップが爪全体を軽く持ち上げてくれるので、皮膚に食い込むのを防いで痛みを軽減させられます。

 

ドクターショールは、装着してから比較的短期間で改善できると言われているので、気になる方は是非試してみてください。

 

ただし、このクリップを利用している方の中には、矯正力が弱いと感じる人がいらっしゃるので、爪の曲がり具合が激しいという方は、巻き爪ブロックを使用した方が良いかもしれません。

 

巻き爪ブロックであれば、比較的重度の巻き爪でも改善できるので、自宅でのケアとしては最適であると言えます。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、クリップであるドクターショールは、爪の表面に取り付けるタイプとなっているのですが、激しく動くと外れてしまう可能性が高いので、クリップを覆うようにテープを巻く必要があります。

 

ただし、この際に指全体を覆うようにテープを巻いてしまうと、湿気によってクリップや巻き爪を引き起こしている爪に悪影響が引き起こされることがあるので、注意しなければなりません。

 

テープを貼ると少し目立ってしまうのがドクターショールのデメリットですが、どの矯正方法だとしても完全にカモフラージュすることはできないので、仕方がないと言えます。

 

見た目のイメージが悪くなるということで、女性の方は巻き爪の矯正を嫌がることが多いのですが、放置していたところで自然と解消されるわけではないので、早めに何かしらの対処を行うべきです。

「巻き爪の予防」についてのページ