巻き爪とガーゼ

巻き爪とガーゼについて

巻き爪によって引き起こされている痛みを和らげるために、ガーゼ挿入法という方法が用いられることがあります。

 

これは、コットンパッキング法とも呼ばれているのですが、小さく丸めたガーゼをピンセットで食い込んでいる爪と皮膚の間に挿入し、クッションとすることで痛みを和らげられるのです。

 

激痛が全身を走り歩行するのさえ困難だという方には向かない方法ですが、巻き爪によって引き起こされている痛みの程度が軽く、初めて痛みが出たという方には、このガーゼ挿入法が適しております。

 

細く長く切ったガーゼを爪の間に入れることで、爪が上へと軽く持ち上がり、皮膚との接触を防いでくれるので、痛みが引き起こされないという仕組みです。

 

知らず知らずのうちにガーゼが取れる可能性は十分にありますが、清潔さを保つために頻繁に取り替えた方が良いので、また挿入すれば問題はありません。

 

しかし、ガーゼ挿入法は一時的に痛みを抑えるだけの処置であり、巻き爪を完全に治せるというわけではないのです。

 

症状が軽いという方の中には、ガーゼ挿入法で爪の変形を治せることもあるのですが、基本的には応急処置であることには変わりないので、完治させるのは困難であると言えます。

 

そのため、巻き爪を治し正常な爪の形に戻したいという方には、同時に皮膚に食い込むで引き起こされる痛みを緩和できる巻き爪ブロックがおすすめです。

 

「巻き爪を矯正しているのを見られると恥ずかしい」と感じる方がいらっしゃいますが、巻き爪ブロックはスタイリッシュなデザインとなっており、大きく目立つことはないので心配する必要はないでしょう。

 

完治には個人差がありますが、早めに対処すればするほど矯正期間は短くなるので、是非試してみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、ガーゼ挿入法は爪の中に入れるガーゼの量が非常に大事なのですが、個人によって差が生じているのでどの程度入れれば良いのかは自分で把握する必要があります。

 

入れるガーゼの量が少なすぎると効果が表れませんし、逆に多過ぎると痛みが助長される可能性があるので、十分に注意しなければなりません。

 

そのため、何回か自分で入れるガーゼの量を変化させ、適切な量を把握していくのが一番です。

 

ガーゼ挿入法は病院でも行われている方法なのですが、自宅に置いてあるようなもので気軽にできるので、いちいち病院へと行く必要はないでしょう。

 

とは言え、痛みだけではなく炎症が引き起こされているのであれば、直ぐに病院での診察を受けるべきです。

「巻き爪の予防」についてのページ