巻き爪とゴールドスパンゲ

巻き爪とゴールドスパンゲについて

巻き爪の予防や改善の方法として、ゴールドスパンゲという矯正が行われているクリニックがあります。

 

フットケアサロンで行われている方法なのですが、ゴールドスパンゲはドイツで生まれ、金メッキの形状合金を両サイドの爪に引っ掛け、ジェルネイルで固定することによって巻き爪を改善できるのです。

 

器具を使用するという点では、ワイヤーやプレートによる矯正と大きく変わるわけではありませんが、このような方法で巻き爪を治療できるということも頭に入れておきましょう。

 

とは言え、ゴールドスパンゲは有名な方法というわけではないので、全ての病院やフットケアサロンで行われているわけではないのです。

 

そのため、自分が施術を受けるところでゴールドスパンゲが取り入れられているのか、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

 

巻き爪の矯正には色々な種類があり、どれが自分に適しているのかは専門医の診断を受けるのがベストなのですが、ゴールドスパンゲは大きな痛みが引き起こされることなく矯正できるというところが大きなメリットです。

 

「痛い治療は嫌だ」と思う方が多いかもしれませんが、この方法は爪への負担を最小限に抑えているので、施術後も痛みに悩まされることがありません。

 

また、痛みが全く引き起こされない巻き爪の矯正として、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックが挙げられます。

 

ゴールドスパンゲはネイルサロンなどに足を運ばなければなりませんが、巻き爪ブロックであれば自宅で簡単にケアができるのです。

 

専門家の中にもおすすめしている方はいらっしゃるので、自宅で巻き爪ブロックを使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、病院などに行くと専門医から説明があると思われますが、巻き爪の症状が進行して極端に短くなったり割れたりしている場合は、ゴールドスパンゲでは治療ができない可能性があります。

 

そのような方には、プラスティックタイプの器具を使って爪を持ち上げるBSスパンゲという方法がおすすめです。

 

ワイヤーによる矯正も爪を伸ばさなければ施術を受けられないのですが、巻き爪の痛みによって伸ばせないという事態は十分にあり得るので、BSスパンゲが適しております。

 

とは言え、これはどの矯正方法にも言えることなのですが、巻き爪によって爪が皮膚が食い込んで細菌に感染すると、炎症や化膿が引き起こされてしまうかもしれません。

 

このような状態の方は、まずは症状を抑える治療が必要なので、直ぐに病院へと行った方が良いでしょう。

「巻き爪の予防」についてのページ