巻き爪とインソール

巻き爪とインソールについて

巻き爪の予防法の一つとして、インソールの使用が挙げられます。

 

インソールとは靴の中に入れる中敷のことを指し、これを自分に合わせて作ることで骨格のバランスを良くし、巻き爪によって引き起こされている痛みを軽減させることができるのです。

 

既に巻き爪が引き起こされているという方は、指が靴の中で圧迫されることにより、更に痛みが増す可能性があります。

 

爪を圧迫させないような靴選びや、歩き方を変えるということも巻き爪の予防には欠かせないのですが、インソールを使うことで痛みを軽減できることは間違いないのです。

 

ただ単に中敷を靴の中に入れれば良いというわけではなく、自分に適したインソールを使用しなければあまり意味がないので、できるのであればオーダーメイドで自分だけのインソールを作ることをおすすめします。

 

特にスノーボードやサッカーといった足の指に大きな負担がかかるスポーツをしているという方は、だんだんと巻き爪になる可能性が高いので、インソールを使用した方が良いということはお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

オーダーメイドで作ったとしてもそこまで高い費用がかかるというわけではないので、巻き爪の予防として使う価値は大いにあります。

 

とは言え、インソールで痛みを和らげられるのですが、巻き爪自体を改善するのは非常に難しいので、既に症状が進行しているという方は、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックが最適です。

 

巻き爪ブロックであれば、湾曲した爪もバネの力によって少しずつ正常な形に戻してくれるので、是非使ってみてください。

 

 

>>> 巻き爪ブロックの詳細はこちら

 

 

さて、インソールによって得られる効果はこれだけではなく、衝撃を和らげることによって、疲労を軽減させることができます。

 

スポーツを行っている方は足に疲れが溜まっていると予測できるのですが、インソールを靴の中に入れることで疲れが感じにくくなるというわけです。

 

また、全身のバランスが整えられるので、怪我を予防できるという大きな効果も期待できます。

 

もちろん、靴とインソールだけで全ての問題を解決できるというわけではないので、激しい運動を行う前には入念なストレッチをするといったケアが大事です。

 

このように、自分の身体を気遣ってあげることで、巻き爪の予防にもなると言えるでしょう。

 

足と身体のバランスがとれることで、代謝機能や自己治癒力も上げられると言われているので、スポーツをあまりしないという方もインソールの使用をおすすめします。

「巻き爪の予防」についてのページ