切り方で巻き爪の予防

切り方で巻き爪の予防をしよう

多くの方は、爪の形や長さなどを気にせずに切っているかもしれませんが、間違った爪のカットが原因で巻き爪が引き起こされることがあります。

 

「考えて爪を切ったことはない」「ただ短くすれば良いでしょ」と考えている方はいらっしゃいますが、爪の両端を切りすぎるような切り方をしていると爪が曲がってくる傾向にあるので、巻き爪の予防のためにも正しい切り方をマスターしなければならないのです。

 

間違った切り方の一つとして深爪が挙げられ、清潔さを保とうとして短くしすぎると爪で隠れていた肉の部分がだんだんと盛り上がり、爪を圧迫します。

 

盛り上がった皮膚によって爪の行き先が失われるのですが、伸びていく方向に何かしらの障害があったとしても爪の成長が衰えるということはないので、曲がって生えて巻き爪が引き起こされるという仕組みです。

 

このように、深爪は巻き爪の大きな敵だと言えるので、しっかりと予防するために爪の先端にある白い部分を残すような切り方を実践しましょう。

 

目で見える白い部分を全部爪切りで切ってしまうと、だんだんと深爪になりやすくなるので、1〜1,5mm程度を残すような爪の切り方が巻き爪の予防としてベストです。

 

また、爪はスクエアオフと呼ばれる真一文字に切る切り方が、巻き爪の予防として優れていると言われております。

 

見た目を良くするために、爪のカーブに沿って円を描くように切る方が多いのですが、このような切り方を行っていると両端を深く切りすぎてしまう傾向にあるので、深爪を防ぐためにもスクエアオフが適しているというわけです。

 

巻き爪を予防するために、特別な爪切りを用意する必要は全くありませんが、刃物の形状が爪の丸みに沿ったアール状の製品がきつすぎて上手く切れないという方は、ニッパー型の爪切りが良いかもしれません。

 

ネイルニッパーとも呼ばれており、やすりが付属されていることも多いので、正しい爪の切り方を実践するために優れております。

 

こういった爪切りは少々高くなっておりますが、爪切りは長く使えるものですし、巻き爪の予防と考えれば必要な出費の一つなのです。

 

さて、巻き爪は大人だけが引き起こされる症状であると思っている方はいらっしゃいますが、間違った爪の切り方をしていると赤ちゃんでも引き起こされる可能性があります。

 

綺麗さを保とうと赤ちゃんの爪をカットしていると深爪になりやすいので、きちんと先端の白い部分が残るようなケアをしてあげてください。

「巻き爪の予防」についてのページ