巻き爪の応急処置

巻き爪の応急処置について

ここでは、巻き爪が痛い時の応急処置の方法について詳しく説明していきたいと思います。

 

応急処置で少しでも痛みを抑えられるのであれば、実践する価値は大いにあるのです。

 

ただし、巻き爪自体を改善するには応急処置ではなく、自宅での矯正グッズや病院での施術をしっかりと受ける必要があるということを、頭に入れておいてください。

 

それに、巻き爪の症状が一気に進行することはほとんどないので、応急処置を施す必要がない前に何らかの対処をするのがベストです。

コットンパッキングを行おう

自宅でできる巻き爪の応急処置として、コットンパッキングが挙げられます。

 

コットンパッキングは小さな綿を皮膚と爪の間にピンセットで詰め込むことで、爪が皮膚に食い込むのを防いでくれるのです。

 

直接爪が皮膚に当たるのを防いでくれるので、自宅でできる応急処置として優れているのではないでしょうか。

 

とは言え、詰め込む綿が小さすぎると大きな効果がなく、逆に大きすぎると痛みが助長されることがあるので、何回か試すうちに自分の適量を把握し、それを定期的に実行することをおすすめします。

 

入浴後にコットンパッキングを行うことにより、皮膚が柔らかくなって詰め込みやすいので試してみてください。

 

軽度の巻き爪であればこれだけで治るかもしれませんが、重度の症状で悩まされている方にとっては一時的なケアに過ぎないので、完全に巻き爪を治せるわけではないのです。

テーピング法を行おう

ドラッグストアなどで販売されているもので構わないのですが、テープを爪に巻くというテーピング法も巻き爪の痛みを抑える応急処置として優れております。

 

なるべく伸縮性に優れたテープを使用し、2,5センチ×6センチ程度にカットしたものを痛みが引き起こされている爪と皮膚の間に貼ることで、痛みを和らげてくれるのです。

 

この際に、テープの端をできる限り爪の横ギリギリに貼り、爪と皮膚の間を広げるように引っ張ることで、皮膚に食い込む症状を改善してくれます。

 

テーピング法は自宅で簡単にできる応急処置の一つなので、試す価値は大いにあると言えるでしょう。

 

しかし、テーピング法も上記でご紹介したコットンパッキングと同じように、一時的な対処となっております。

 

完全に巻き爪を治して痛みから解放されたいという方は、このサイトでご紹介している巻き爪ブロックを使用し、症状を改善できるように努力してみてください。

「巻き爪の予防」についてのページ